会計や事務作業を効率よくするために|飲食店でもPOSが頼りになる

オーダーの流れを理解する

会議

どのグッズを選ぶかが重要

企業の名入り、ロゴ入りなどのオリジナル・アメニティグッズの制作の流れは次のようになります。まず初めに、シャンプーやリンス、石鹸や歯ブラシといったさまざまな種類の商品の中から、どの商品をアメニティグッズとしてピックアップするかを決定する必要があります。上記の定番アイテムに加えて、女性用のアメニティグッズとして化粧水や乳液、クレンジングオイルなどの化粧品類やバスタオルやフェイスタオル、ガウンなどのアメニティグッズを選んで、オリジナルのアメニティグッズとして制作することもできます。どれを選ぶかによって、製作コストも納期も変わってくることから、慎重な選択が求められます。商品選択が終わると、次はアメニティグッズにプリントする社名やロゴ、メッセージなどのデザインを決定します。一般的には、オーダーする顧客側が、デジタルデータとしてデザインを作成し、オリジナル・アメニティグッズを製作する企業にデータを入稿し、サンプル品を作成します。顧客はサンプル品を見てイメージ通りに仕上がっているかを確認し、もし変更してもらいたい点や不満点があれば、担当者にその旨を伝えることが必要です。この段階を過ぎると、オーダーした数量全部の生産がスタートするため、デザインの変更等はできなくなります。企業の綴りや住所、電話番号の間違いがないかを入念にチェックしましょう。生産が完了したアメニティグッズは、箱詰めされ、発注した企業に配達されます。